一生住めるバリアフリーなら注文住宅がおすすめ

住むなら一戸建ての注文住宅です

自宅を購入して住むなら、一戸建ての自宅が良いです。何と言っても自分の思いのままの住宅が建てられます。今は、元気でいてもいつしか年老いて、車いすが必要な生活になるかも知れません。 一戸建ての注文住宅なら、将来のことを見通して、車いすでも楽に玄関に入れるようにスロープを最初からつけることができます。また、自分の両親が年老いて、自宅に来るときは、車いすでなくても緩やかなスロープだと階段よりもずっと楽です。誰にでも優しいバリアフリーな家を建てておくとそれがやがて年老いたときには、自分のためになってきます。 ですから、多少は、建築に費用は高くつきますが、注文住宅にして一生を視野に入れて自宅を建てることが大切です。

住宅業者はバリアフリーに理解があり詳しい業者を

今、いろいろな住宅業者があります。その中でも、バリアフリーに理解がある業者を選ぶことが大切です。 なぜなら、車いす生活になった場合、段差がない家が望ましいからです。建築のときに段差をつけないで作ることができれば最高で、それは意識しなければできません。また、車いすでなくても、人間は年をとると足が弱るものです。 ですから、自宅にはどうしても手すりなどがあれば安全に移動できます。その手すりをつけるスペースを考えて建築してもらうと将来、とても助かることになります。庭付きの家だったら、車が駐車できる余裕があるようにしましょう。車から降りてすぐに自宅に入れるような設計であれば足が弱っても楽です。自宅は一生を見通して建てたいものです。

中に住んでいる人によって言い方が異なります。一軒家は他人が住んでいる長屋のような物を言います。一戸建ては一つの家族が住んでいる事を言います。